This site for Planning explanation yet!! it is fashion brand of new style from JAPAN. the simple design which an adult likes, the comfortable functional size which a dancer likes, the image give off refined sex appeal a Ninja likes. we are getting ready for Mar 2020.  > Home

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
六舞宴,和風,コスプレ,ファッション,ブランド,日本,侍,忍者,大きいサイズ,広告

スケジュールと5年後

​修正中!

 >16 スケジュール 2019年

『 六舞宴 / Rokubuen 』

2018年08月-05月 初期テスト試行

2019年03月 六舞宴・重要協力者議会

2019年03月 六舞宴・重要協力者議会

2019年03月 アマゾンファッションウィーク

2019年04月 定番・秋冬商品デザイン確定

2019年05月 

2019年06月 ファッションウィーク参加申請

2019年07月 20年度の春夏商品デザイン確定

2019年09月 ネットでの広報・販売を開始

2019年10月 アマゾンファッションウィーク

2019年10月 展示商談会

2019年12月 コミケ参加?

2020年03月 展示会・ファッションウィーク

2020年05月 夏の限定商品を販売開始

 >10 五年目標

 マーケットは、インターネット上の販売と広報で、アメリカ・カナダ・中国・インド・イギリス・イタリア・フランス・日本の主要都市、18~44歳の約5億人。

 ファッションブランドとしての関連商品全般、和風テイスト・コスプレをイメージさせる商品などをHPで詳細紹介し、販売委託業者アマゾンのサイトから購入・決算・発送する仕組みを確立。

 初年度2019年10月に1500万円の初期費用から東京コレクション(アマゾンファッションウィーク)にてファッションブランドの存在をネット上に残し、先ずは和風テイストで日本ブランドである事のポジション確率、その後二年間で3000万円以上の総売上で初期費用は回収済みとなる。

 初期費用の回収後、利益の範囲内で新商品の追加生産を行いつつ、同時に発表済みの商品も売れた範囲内だけで追加生産と販売の繰返し。

 目標として四年後の2024年01月、再度2000万円の大きな費用投資としてミラノコレクションに参加し、世界的なファッションブランドとしてネット上に残す事が五年後の目標であり、認知度を上げた際、インターネット上での世界マーケット売上も大きく伸びる事が期待される。

 >10 目標の五年後は?

 五年後の目標は、最初の二年以内で初期投資分を回収出来るかが全ての鍵であり、回収さえしてしまえば潰れずにマーケットを広げていくだけの展開と言える。委託販売先となるアマゾンがグローバル化を進めるのと同時に、商品の広報と販売先も広がり、アメリカ・中国・インド・イギリス・イタリア・フランスの主要都市もターゲットとして見込む形となる。

 最重要の2019年11月~2020年08月で全てが見える!

 先ず最重要であるのが最初の二年で、商品の発表と生産に販売時期とでズレが生じる。

 一般市場とは違った形で商品をネット上に並べる秋冬物は2019年09月からの販売開始となり、極力で流行に左右されない商品として2020年の秋冬にもネット販売場では並んでいる形となる。

 2019年10月に発表された2020年の春夏商品は、2020年02月頃からネット販売に並べられると同時に、委託販売契約のセレクトショップなどでも店頭に並ぶ形。

 経営体制の特質上(他社に比べると在庫リスクと継続費用が圧倒的に低コストであり、毎シーズンで新商品の発表と生産管理する必要性も弱い)、初年度の初回生産分の半分が販売に至った時点で追加生産が行われる形となり、追加生産が発生した時点ですでに黒字経営がほぼ確定の見込みに近い。

 単純に初年度の立上げ費用を回収さえしてしまえば、それ以降は無理な新商品の大量生産をしない限りは赤字となるリスクがとても低い。

 > 2019年6月 東京コレクションに参加申込

 2019年10月のアマゾンファッションウィークに、参加申込

 2020年1月~7月の春夏販売商品を発表

 > 商品製作

 2019年05月~08月に製作、18体の発表分

 2020年の01月~07月に店頭に並ぶ春夏物商品

 上記はバイヤー都合であり、ネット販売には誤差アリ

 > 2018年8月 イメージ撮影

 イメージとする写真の制作。プレゼン用。

 > 2018年11月 初期の定番商品を製品化

 撮影の試作品を基に、OEMで製品化。

 5~7型、商品約370点 総費用210万円予算

 > 定番・秋冬商品のデザイン確定

 2019年04月

 ある程度の定番は確定済みに加えて、世界の発表済みデザインを参考にした2019年09月からネットで販売する秋冬商品の追加デザインを決定し発注。

 > 定番・秋冬商品のデザイン確定

 2019年04月

 ある程度の定番は確定済みに加えて、世界の発表済みデザインを参考にした2019年09月からネットで販売する秋冬商品の追加デザインを決定し発注。

 > 東コレの参加申請

 2019年06月

 現在の東京コレクション、アマゾンファッションウィークへの参加申請。

 > 2020年春夏商品のデザイン確定

 2019年07月

 ある程度のデザインは決定済みの上で、パリ・ミラノ・ロンドンで発表された20年度の春夏を参考にして流行を意識した追加商品のデザイン確定。

 > 東京コレ招致客の準備

 2019年08月

 アマゾンファッションウィークでの招致顧客とプレス準備の開始。

 > 秋冬商品をネット販売・広報開始

 2019年09月

 アマゾンファッションウィークでの発表する商品が一部重なるが、新規ブランドでファッションウィーク月参加の準備として、一ヶ月前から広報と秋冬物のネット販売を開始!

 > 東京コレクション S/S20 に参加!

 2019年10月

 アマゾンファッションウィークに参加、ブランドの信用度アップと広報、展示会でセレクトショップへの委託販売先を確保。

 内容は2020年度の春夏用がメインとなるので、S/S20用の春夏新作服を半分として委託販売先への商品対応分を半分。

 残りの半分は、2019年09月からネット販売に乗せるている秋冬服の発表であり、クリスマス商戦も意識した商品。

 > 展示商談会

 2019年10月

 アマゾンファッションウィークに参加の条件要項であり、セレクトショップなどの委託販売業者との商談、特別顧客への特別受注会。

 展示会の契約状況が良好であれば、03月の参加するかの判断材料とする。

 > コミケ参加?

 2019年12月

 コミックマーケットに、コスプレを強く意識した部分のアピールを兼ねての広報参加。露骨な広報には問題があるので、さりげない戦略を別途で企画。

 > 展示会準備開始

 2020年02月

 03月のファッションウィークに再度参加であれば、無理をしない形のルックブック(写真発表)としての低コストで参加し。

 > 東京コレクション A/W 20-21

 2020年03月

 ある程度のデザインは決定済みの上で、パリ・ミラノ・ロンドンで発表された秋冬を参考にして流行を意識した追加商品のデザイン確定。

 > 夏の限定商品をネット販売・広報開始

 2020年05月

 夏のボーナスを意識した熱の限定商品をネット販売開始。一般では2月頃から春夏物は店頭に並んでいる。

 >15 五年後の目標(本音は三年♪)

 2022年02月 ミラノで22-23の秋冬物の発表と22年の春夏物再利用

 (世界にブランドイメージを確立し、勝負の年とする)

 2022年度 決算

        (ネット外委託   2500万円)

   2022年度 売上目標 約 15000万円

ネット広告費    12% 約   1875万円

委託販売手数料   13% 約   1875万円

配送料 委託分     2% 約     250万円

消費税 委託分     7% 約   1000万円

商品 生産     20% 約   3000万円

広告制作費       2% 約     300万円

ミラノ費用02月    8% 約   1200万円

東コレ費用10月    4% 約     600万円

人件費 4名    11% 約   1650万円

その他 固定費     3% 約   2800万円

     残金粗利  18% 約  2450万円